荒木 優太。 なぜいま「在野研究者」なのか

荒木優太とは

優太 荒木

☯ 今は附属図書館長を兼ねた副学長なんですよ、自分でも「似合わねぇなぁ」って驚いちゃうのですけれど。 いろんな歴史があったということですね。 和辻哲郎やカール・レーヴィットといった思想家への関心にもおそらく結ばれることと思うのですが。

20

荒木優太

優太 荒木

😊 でももう一面から言うと、あれはある意味でとても奇妙なところもある本で、なんて言うんだろう、黒田さんには、廣松さんに対する「愛情」めいたものもあるのですね。 「とても受け容れられる批評の言葉ではありません」と感じた編集部は、改稿しない場合は当該箇所を削除すると伝えて、荒木氏からは「お好きになさるとよいでしょう」、ただし「その事実をSNS等で吹聴する」という返答があったことを説明した。 毎日そんな感じですかね。

8

★荒木優太さん×熊野純彦さん トーク&サイン会困ったときの在野研究入門~世代と立場を超えて~

優太 荒木

📞 編著 [ ]• エッセイ [編集 ]• 原則として本人に限り、「個人情報の利用目的」の通知、登録した個人情報の開示、訂正、追加または削除、利用停止、ならびに第三者への提供の停止を求めることができるものとします。

10

なぜいま「在野研究者」なのか

優太 荒木

⚛ もっとポジティブな言葉のほうが在野研究者自身のためになるし、さらに長期的にみれば大学のためにすらなるんじゃないか。 締め切りに苦しんでいる人、すぐ発想に行き詰まる人には、文句なしのお勧めだ。

19

なぜいま「在野研究者」なのか

優太 荒木

🙂 仮に大学内の研究者が勉強ってこんなに楽しいんですよっていうことを書いたら、すごく嫌ったらしくなるか、お説教になるか、バカだと思われるかです。

17

文學界、荒木優太氏の「編集権の濫用」批判に反論

優太 荒木

❤ 文芸雑誌「文學界」(文藝春秋)が、「編集権の濫用」だと抗議する筆者に反論。

7

荒木優太とは

優太 荒木

😄 専門は有島武郎。

9

対談 荒木優太さん×熊野純彦さん:困ったときの在野研究入門 第1回

優太 荒木

👌 本当に孤独な男でしたよ。 そういう機械的な肉体労働は、実はものを読み書きする行動にも、ある種のテンポというかリズムを与える働きがあるかなと思いますね。

11

新書よりも中公新書を読め/荒木優太|web中公新書

優太 荒木

⚑ テイラーは、生産工程の作業を「要素動作」と呼ばれる動作単位に分解して、それぞれの時間を削減する方法を模索した。 荒木優太『無責任の新体系』が面白い。