源氏 物語 葵 現代 語 訳。 葵(大島本)

GENJI

訳 源氏 語 物語 現代 葵

❤ こんなことがこの世にありもするのだと思うと、人生がいやなものに思われ出した。 その御息所については、気の毒だと思うのですが、あのような事情もあり、またそれ以前に「歌のやりとりで、必ず光源氏の歌が落ちる」(『光る』)など、「六条御息所の教養、趣味のよさに、源氏は圧倒されている」(同)ところがあって、「何かある折々にお話しを交わす相手」ならいいけれども、毎日顔をあわせるのは、窮屈でつらいと源氏は感じているようです。

13

『源氏物語』の“葵”の現代語訳:1

訳 源氏 語 物語 現代 葵

👍 女も年長である点を恥じて、しいて夫人の地位を要求しない。 。

『源氏物語』の“葵”の現代語訳:3

訳 源氏 語 物語 現代 葵

👣 「少しゆるめてくださいな、大将さんにお話しすることがあります」 そう夫人の口から言うのである。 をかしげにて・・・美しい感じの容態で。 ) 続きはこちら. 「正妻の方に、ますますご愛情がお増しになるに違いないおめでたが生じたので、お一方の所に納まってしまわれるに違いないのを、このようにお待ち申しお待ち申しているのも、物思いも尽くし果ててしまうに違いないこと……。

15

GENJI

訳 源氏 語 物語 現代 葵

⚑ 立派なのを。 ご後見役のいないのを、気がかりにお思い申されて、源氏の大将の君に万事ご依頼申し上げあそばされるにつけても、大将の君は気の咎める思いがする一方で、嬉しいとお思いになる。 この 噂 ( うわさ )が世間から伝わってきた時、 式部卿 ( しきぶきょう )の宮の朝顔の姫君は、自分だけは源氏の甘いささやきに酔って、やがては 苦 ( にが )い悔いの中に自己を見いだす愚を学ぶまいと心に思うところがあって、源氏の手紙に時には短い返事を書くことも以前はあったが、それももう多くの場合書かぬことになった。

巻九 葵 : 源氏物語 ・ おもしろ読み

訳 源氏 語 物語 現代 葵

🙄 御禊 ( ごけい )の日に 供奉 ( ぐぶ )する大臣は定員のほかに特に 宣旨 ( せんじ )があって源氏の右大将をも加えられた。 多くの人の心を尽くしつる日ごろの名残、少しうち休みて、今はさりともと思す。 向こう見ずの心。

5

源氏物語『葵』現代語訳(1)(2)

訳 源氏 語 物語 現代 葵

👣 この部分を結んでおくと魂が出て行かず、とどめられると言われていた。 源氏物語に登場する和歌についても知りたい方は、こちらの「終活ねっと」の記事をご覧ください。